計画策定地区における防犯まちづくり活動の評価   

本論は、防犯まちづくり計画が策定されている市川市曽谷地区を事例とし、地域住民の防犯に関する意識と活動参加の実態調査を行いました。そして、①犯罪率、②犯罪不安感、③関心度、④情報共有の4つの視点から、防犯まちづくり活動の評価を試み、今後の評価研究の一助とすることを目的としています。


出典:重根美香・大橋宏行・松本早野香・山本俊哉「計画策定地区における防犯まちづくり活動の評価 市川市曽谷小学校区におけるケーススタディ」日本建築学会学術講演梗概集. F-1, 都市計画 2009年,pp 37-38

原稿のダウンロードは→CiniiのページCiNii Articlesは国立情報学研究所が運営するサービスです)

調査対象地区ー市川市曽谷地区の概要

市川市は千葉県と東京との県境に位置し、東京のベッドタウンです。曽谷地区は市川市のなかでも緑の多く残った一戸建てが中心の郊外住宅地です(図1)

市川市は防犯まちづくり基本計画を策定し、曽谷地区はそのモデル地区です。自治会、商店会、小学校、小学校PTAといった地域団体と、市川市(防犯課、教育委員会)、市川警察といった行政団体が協働していることが防犯まちづくり委員会の特徴です。それぞれの団体の活動は表3のとおりです。


表2.市川市および曽谷地区が行ってきた防犯まちづくり活動の経緯

H17 「市川市防犯まちづくり推進に関する条例」制定「市川市防犯まちづくり基本計画」を策定
H18 「郊外住宅区」のモデル地区として曽谷地区を選定(他、3つのモデル地区を選定)
H19 「曽谷小学校周辺地区防犯まちづくり委員会」結成(メンバー:自治会・商店会・小学校・小学校PTA・市川市・警察)
H19 「曽谷小学校周辺地区防犯まちづくり計画」策定(2月)


















調査の方法

  1. 犯罪率の変化

過去5年間の犯罪認知件数を罪種別に人口1000人当たり件数にして集計しました。

  1. 犯罪不安感、防犯活動の認知、活動の実態把握

アンケート調査により把握しました(2009年2月下旬〜3月中旬)









主要罪種別の犯罪率の推移ー曽谷小学校区と市川市の比較ー

図2をみると、曽谷地区の犯罪率は市川市の平均よりも相対的に低く、平成19年の計画策定後、乗り物盗以外は減少傾向にあります。しかし、空き巣やひったくりといった一般的な犯罪は、犯罪率の低さの割には高い傾向がありました。

さらに、子どもに対する犯罪は起きたことのない地域ですが、子どもが犯罪に巻き込まれる不安を多くの保護者の方が感じていました。

 

防犯活動の見聞と活動の実態

表3に示した防犯活動について見聞きしたことのあるものを問うたところ、ほとんどの項目で60%以上の認知率で、曽谷小学校区の住民は防犯活動に関心が高い傾向が伺えました。

また、赤丸で保護者のほうが地域住民よりも有意に多かった項目、青丸でその逆を示すと、保護者のほうが地域住民よりもよく防犯活動を見聞きしていました。

市川市の取組である「防犯カメラの設置」や「防犯まちづくり計画」については認知率が低いことが分かりました。

自身や家族が参加したことのある活動について、保護者のほうが地域住民よりも多いものを赤丸、その逆を青丸で示しますと(図5)、「登下校時見守り活動」や「安全マップづくり」など子どもに関する活動を中心にして保護者の参加率が高く、地域住民は美化活動、防犯パトロール、センサーライトの設置、など環境管理や維持に関心が高いことが分かりました。


4つの評価視点からのまとめ

犯罪率・・・市川市の平均と比べて全体的に低い

保護者 地域住民

犯罪不安

子どもが犯罪にあう不安を強く持つ 空き巣・ひったくりに不安を持つ
関心度(認知) 防犯活動に強く感心を持ち、地域の防犯活動をよく知っている。 小学校の取り組みを知らない傾向が強い
関心度(参加) 自治会の活動にも積極的に参加。小学校保護者として登下校時の見守りや安全マップづくりも積極的に行う。 環境美化活動や防犯パトロールへ参加。
情報の共有 全体的に高いが、市川市の取り組み(防犯カメラの設置や防犯まちづくり計画)を知らない傾向

小学校および市川市の取り組みを知らない傾向。

以上から、曽谷地区における防犯まちづくりの課題は以下のようにまとめられました。

  • 犯罪不安の減少
  • 組織化(連携)を活かした情報発信と関心度の向上(特に、地域住民に対して)


今後の防犯まちづくりの評価

本論では、犯罪率、犯罪不安、関心度、情報の共有の4つの視点からの評価を試みました。

今後は、以下の視点からの評価方法の開発も必要だと思われます。

  1. 防犯活動ではなく、防犯まちづくり活動の評価の軸
  2. 防犯にとどまらない、地域の環境全体に対する評価
  3. 組織化(連携)に対する評価

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編