あなたはご存知(知識編)

ハインリッヒの法則   

  1. 重大な事故の背景には必ず、多くの軽微な事故や危険性が感じられるヒヤリ・ハットが存在します。
  2. ハインリッヒの法則とは、1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故、そして300件の傷害のない異常な現象(ヒヤリ・ハット)があるという法則です。
  3. 米国の損害保険会社の技師ウイリアム・ハインリッヒが労働災害の統計データを分析し、1929年に発表しました。
  4. この法則はその後、NASAをはじめ、数多くの著書に引用され、日本でも戦後、メーカーやゼネコンなど関係団体が発行する「安全手帳」などに紹介され、安全に関する基礎知識として知られています。

>>こちらもご覧下さい。⇒「ヒヤリ・ハット」

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編