あなたはご存知(知識編)

子ども110番の家の対応要領   

子ども110番の家の運営体制

  1. 自治体単位での設置の場合、自治体や教育委員会の担当課が窓口になり、実際の運営は各小学校のPTAや、地域の人が通学路上の住宅や商店に協力を求める体制が多いようです。
  2. 担当課は各地区から集まった情報も基に、子ども110番の対応マニュアルを配布したり、見舞金保障制度などの保険のとりまとめなどを行う場合があります。


子どもが助けを求めてきたら

  1. 1.  まず自分が落ち着く。
  2. 2.  「もう大丈夫」などと声をかけて、子どもを落ち着かせる。
  3. 3.  どこで・いつ・何があったか、犯人の特徴などを子どもから聞き取る。

※子どもの体調に気を配りながら、子どもにわかりやすく、ゆっくりと話す。

  1. 4.  110番通報する。

※「子ども110番の家」であることを伝え、住所・氏名などを伝え、子どもからの聞き取り内容を話す。

※110番通報が原則です。近くにいるパトカーに指令できるし、電話が切れても呼び返しが可能です。

  1. 5. 警察等が到着するまで待つ。

(参考)警察庁「子ども110番の家」地域で守る子どもの安全対応マニュアル


関連事例:ハロウィンイベント×子ども110番の家(参考にしたい事例編)

関連事業:子ども110番の家シアター(子ども安全まちづくりパートナーズ)

知識編関連ページ:子ども110番の家子ども110番の家の設置と運用実態

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編