あなたはご存知(知識編)

地区計画制度   法的効力のあるルールづくり

  1. 地区計画制度とは、指定地域の住民の多くが賛同すれば、土地の利用や建築・塀などのハード面に関するルールについて独自に決めることができる制度です。
  2. 地区計画制度は、国の法律である「都市計画法」に基づいているため、法律上の効力があり、地方自治体が指導を行います。
  • 地区計画制度は、住民主体のまちづくりの進展を背景に昭和55年に生まれた制度です。
  • 国の法律に基づく地域のルールであるため、ルール違反の建築物等は厳しく制限されます

地区計画制度の特徴

決められること

  • 道路・公園等の計画
  • 敷地の大きさ
  • 建物配置
  • 建物の高さや形
  • 塀などの高さや種類   など

ルールを運営する人

  • 市町村区などの自治体

ルールの効力

  • 法的効力あり

地区計画制度と類似する地域のルールづくり

地区計画制度と同様の、国の法律に基づく地域のルールづくりの制度があります。

  • 建築協定
  • 景観協定 等
知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編