あなたはご存知(知識編)

まちづくり条例   自治体独自の「まちづくり」支援のしくみ

  1. まちづくり条例の主な目的は、地域住民によるまちづくりを盛んにするたことです。
  2. まちづくり条例では、地域住民が主体となって作成する地域の計画やルール(協定など)の策定の手続きや、自治体がどうサポートするかについてが示されています。
  • 条例とはそれぞれの自治体の議会で定めるもので「自治体独自の法律」です。
  • まちづくり条例はすべての自治体(市区町村)で制定されてはいませんが、近年では全国的に制定の動きが活発になっています。
  • 「景観まちづくり条例」や「福祉のまちづくり条例」など様々な名称のものもありますが、ここでは市民のまちづくり活動を支援する目的でつくられた一般的まちづくり条例を取り上げます。

まちづくり条例で定められている事柄例

地域のまちづくり計画やルールづくりのしくみ

「まちづくり計画」「まちづくり協定」(名称はそれぞれ)の定め方、自治体と地域住民が共同で取り組むための方法などを定めています。

  • 計画や協定をつくるとき地域住民のどの程度の賛同を得ればよいか
  • 自治体へ提案する条件や手続きの方法
  • 作られた計画またはルールの効力、自治体と地域住民の役割について

自治体によるまちづくり活動の支援

まちづくりに取り組む地域住民への支援制度を定めています。

  • 専門家の派遣
  • 活動資金の助成
  • 各種情報の提供

大規模な開発や建築計画の事前情報公開

大規模な開発やマンション建設に伴う周辺住民との軋轢を未然に防ぐために、開発や建築計画を早い段階で情報公開することを義務づけたり、周辺住民との話し合いを求めたしています。

まちづくり条例は、防犯まちづくり計画をオーソライズ(公定)する方法として活用できます。まちづくり条例がある地域は、是非活用してみましょう。

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編