あなたはご存知(知識編)

SARAモデル   分析にもとづく科学的な防犯活動

  1. SARAモデルとは、警察や自治体などが取り組む、問題解決型のコミュニティ・ポリシングのプロセス(課程)を示すモデルです。
  2. PDCAサイクルとほぼ同じ概念ですが、SARAモデルでは「問題把握・分析課程」を強調するところに特徴があります。
  3. SARAモデルの利点は、政策の効率性の担保と、客観的なデータに基づく活動(科学的知見に基づく政策)が実施できることです。

SARAモデルのフロー

参考

SARAモデルは、1987年に、アメリカの犯罪学者ジョン・エックとウィリアム・スペルマンが提唱した。Scanning(精査)、Analysis(分析)、Response(対応)、Assessment(評価)の頭文字をとったものである。

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編