あなたはご存知(知識編)

犯罪の転移   犯罪は移動する、犯罪者も工夫する?!

  1. 犯罪の転移とは、防犯対策をとった場所・人・時間帯の犯罪は減らせても、それ以外の対策をとっていないところに犯罪が移ってしまう現象をいいます。
  2. 犯罪の転移には5つの種類があります

地理的転移

  • 防犯対策をした場所とは別の場所で犯罪が発生

時間的転移

  • 防犯対策を実施した時間外に犯罪が発生

標的の転移

  • 防犯対策をした人・物とは別の人・物が標的になった犯罪が発生

戦術の転移

  • 犯行者が犯罪の手口を変える

罪種の転移

  • 犯罪の種類が変わる

防犯対策によって犯罪の転移が100%起こるわけではありません。むしろ、「転移なし」や「転移はわずか」であるケースを示す犯罪の評価研究が大半を占めます。しかし、転移が起こるケースも無視できないため、防犯対策を講じる場合、転移が生じているか否かを調べておく必要があります。

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編