あなたはご存知(知識編)

生活安全条例(地域安全条例)   

  1. 生活安全条例とは、安全で住み良い地域社会を実現することを目的として制定された条例の総称で、地域安全条例ともいいます。自治体によって名称は様々です。
  2. 地域における犯罪予防に関して、自治体、住民、事業者の責務を明確にしているのが特徴です。
  3. 解決策の協議や市町村長への意見具申等を行う協議会の設置、防犯ボランティア団体に対する支援等を定めています。

生活安全条例のはじまりと普及のながれ

  • 1979年に制定された京都府長岡京市の「防犯推進に関する条例」が最初です。
  • 1990年代までは、警察や防犯協会が自治体に働きかけて制定された条例が多く見られました。
  • 2000年以降は、自治体が主体的に制定する条例が増えており、防犯まちづくりを推進する条例もあります。
  • 石川県や滋賀県、奈良県など、県下の全市町村で制定されている県もあります。
知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編