あなたはご存知(知識編)

犯罪者の社会的排除   

  1. 社会的排除とは、ある困難を抱えた人をコミュニティから排除しようとする行為や圧力を言います。
  2. 排除の行為や圧力は、社会的、経済的、政治的、文化的といった様々な側面から行われます。
  3. 社会的排除の対象は広いのですが、ここでは犯罪者に対する社会的排除について説明します。


犯罪者の社会的排除の現実

一度犯罪を犯したものは、たとえ刑務所から出所したとしても社会的に好ましくないみなされ、特定地域社会が敵視し、あるいは追放されがちです。刑法の厳罰化とともに、犯罪者に対する社会的排除が進行している現実もあります。

たとえば、アメリカでは、女児が性犯罪者に誘拐、殺害されたミーガン事件後に性犯罪者の個人情報が一般に公開されるようになりました(ミーガン法)。しかし、その結果、性犯罪者が地域の人々に嫌がらせを受けるようになり、社会復帰が困難となったばかりか通常の日常生活もできなくなり、自殺したり精神病院に入院したりするなどの事態が発生しています。

日本にはミーガン法に類似した制度はありませんが、歴史的には地域からの追放や村八分などがみられました。


犯罪者の社会的排除はマイナスに

社会的に排除された元犯罪者は、結局、追い詰められたり、行き詰ったりして、果てには再び犯罪や非行に走り、地域社会に害悪を与えかねません。したがって、犯罪者にはむしろ支援を行うことが再犯防止につながり、元犯罪者の受け皿を用意することが望まれます。そこで、イギリスでは政府内に社会的排除防止課(the Social Exclusion Unit)が設置されるなど、この方向をめざす動きがみられます。

社会的には厄介とされる人々を包摂(ほうせつ)し、受け入れることこそが真の解決です。


社会的排除のレベル

社会的排除には以下の3つのレベルがあるとされます。

①正規雇用などへの道を絶たれた者への経済的・物質的排除

②社会的空間的な隔離によって生み出された人間関係からの孤立

③刑事司法制度のさらに進んだ排除的政策や実務

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編