あなたはご存知(知識編)

接近の制御   

  1. 犯行をしようとする者が被害対象に近づきにくくする防犯環境設計(CPTED)の基本的手法です。例えば、次のような方法があります。
  • 塀を高くして敷地内に侵入しにくくする
  • 敷地や住宅地の出入口を限定する
  • 防護柵や植栽帯を設けて近づきにくくする
  • 通過交通を少なくして近づきにくくする
  1. 敷地内に侵入しにくくする手法は、 いき過ぎると「要塞の心理」を招くおそれがあります。つまり、居住者の犯罪不安感を高め、部外者に対して排他的になり、結果的に公共空間に対する関心が低くなるおそれがあります。

歩道と車道の間に交通安全用防護柵や道路環境用の植栽帯を設けて、バイクが歩行者に近づきにくくする

知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編