あなたはご存知(知識編)

人の目を増やす自然監視性   犯罪に強いまちづくりのヒント

  1. 犯罪を行おうとする者は、「誰かに犯行を見られているかもしれない」ところでは簡単に獲物(家や人)に接近しません。
  2. 日常生活の中で自然と周囲に気配りできる状態を「自然監視性が高い」と表現します。
  3. 自然監視性を高め、「誰かに見られているかもしれない」と思わせる状況をつくることが防犯では大切です。

物理的に自然監視性を高めるには

  • 見通しがよい・明るい・死角がないことが大切


意識面の自然監視性を高めるには

  • 「その地域の一員である」という当事者意識をもつことが大切


まちづくりと連動して自然監視性を高めるには

  • 人が道を歩きたくなる工夫を


知識編

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編