小学校区の取り組みから国際セーフスクールに

厚木市立清水小学校

  1. 清水小学校は、校内における外傷の多発(2008年度に5,636件)、通学路における子どもの交通事故や不審者の出現を背景に、学校と家庭と地域が一体となって子どもの安全を確保するため、「しみずっ子すこやかネットワーク会議」が設立されました。
  2. 清水小学校区は、厚木市のセーフコミュニティのモデル地区としても位置づけられ、従来の地域安全マップづくりや子どもの見守り活動等に加え、①PTAによる校内安全点検、②児童によるけがマップ作成、③自治会による安全環境整備、④教職員対象の防犯研修会等をすすめ、2010年11月に国際セーフスクール(ISS)の国際認証を得ました。
  3. その結果、2010年度には校内における外傷を27%減らし、通学路における声かけ事案を0件に押さえました。
  4.  

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編