計画づくり

無理なし無駄なしパトロールで、犯罪が大幅に減少!

活動レシピ:豊岡辻間地区

豊岡辻間は大分県の海ぞいにある、風光明媚な小さいまち。
いかにも平和なそのまちが、なんと県下犯罪率ワースト1に!
びっくりしたまちの人たちは防犯パトロールを強化しました。
地区内の多くの場所・時間帯を網羅する見回りを堅苦しい管理なしに実現した、
ちょっと特別な防犯パトロールのレシピをご紹介します。

レシピ

パトロール当番表  あいさつ  他人の生活への想像力  地域の犯罪に関するデータ  成果のフィードバック

ステップ1:犯罪者が来る原因を考える

警察から話を聞く、データを見るなどして、なぜ犯罪率が高いのかを推測します。
「大きな都市に出る幹線道路があり、空き巣の後すぐ逃げられる」
「人口が増えているので、知らない人がいても目につきにくい」といった具合。

ステップ2:ライフスタイルに合わせたパトロール方法&当番表

昼間は主婦やお年寄りが道で会う人すべてにあいさつ、サラリーマンは帰宅時に車の
ロックを確認、深夜は自治会と若者がパトロール……。
当番表を回して自分がパトロールする時間帯を書いてもらえば、自然と人の少ない
時間帯に回ってくれる人が出てきます。

ステップ3:結果のフィードバック

犯罪件数が減ったという成果をはじめ、当番表がうまく埋まった、マスコミに取り
上げられたなど、よいことはまめに参加者にフィードバック。
自分が役に立っているという実感が、活動へのやる気を継続させます。

活動開始前の平成14年の地区内犯罪件数は154件。翌平成15年には97件に減りました。
平成16年には72件、平成17年には24件、平成18年には、なんと8件!
住民自身の満足度を測るためにアンケートを実施したところ、パトロールについては75%が「評価している」と答え、
防犯活動を通じた住民同士の交流については54%が「良かった」と回答しました。
平成17年に社会安全貢献賞(全国防犯協会連合会)を、平成18年「防犯ボランティアフォーラム 2006」では地域防犯大賞(全国防犯協会連合会)を受賞。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編