モデル地区

防犯活動から防災、福祉への取り組みへ(近文地区)

近文地区の取り組み(1)

旭川市近文地区の近文あい運動では、地区内の大型ショッピングセンターの出店などをきっかけに、高齢者を中心に子どもの下校時の見守り活動を開始しました。活動開始から3年目に、国土交通省・警察庁の「住まいと街の安全・安心再生プロジェクト」のモデル地区に選定され、「旭川市近文地区住まいと街の安全・安心再生計画」を策定しました。

(1)計画づくりで地域の絆づくりの大切さを共有

「旭川市近文地区住まいと街の安全・安心再生計画」の策定の過程で、見守り活動を継続することが目的ではなく、むしろ「見守り活動が無くても安全で安心に暮らせる近文地区」が究極の目標であり、そのためには、地域コミュニティの再構築(地域の絆づくり)が大切なことを共有できました。
そこで、この計画では、子どもの安全安心から、高齢者や障がい者を含む地区のみんなが安全で安心に暮らせる地域づくりを進めていくことが謳われました。

(2)子どもの見守り活動で育まれた”つながり”による防災、福祉活動への展開

子育て世代と高齢者のつながり

近文あい運動での見守り活動の当初には、主な参加者である高齢者から「どうして、高齢者ばかりが参加して、保護者は参加しないのか」などの不満が述べられることがありました。
そこで、新1年生の保護者が「登下校の安全が心配だったのに、地域の人に見守られて安心でき、本当に感謝している」など、子どもや保護者の感謝の気持ちを手紙などで、積極的に伝えるなどしてきました。
今では、参加する高齢者は「子どもとお話しできて、元気をもらえる」、「見守り活動以外の場所で腕章もしていないのに挨拶されたのがうれしかった」など、やりがいを持って活動を続けています。
高齢者が気持ち良く子どもの見守り活動を行い、子どもや保護者は高齢者に心から感謝することによって、つながりが育まれていきました。


防災活動への展開

・PTAの企画による災害時の避難を考えるワークショップの開催

災害時の避難を考えるワークショップ

近文小学校PTAが、見守り活動でお世話になっている地区の高齢者に、何かしたいとの思いで、災害時の避難を考えるワークショップを開催しました。通常、このような内容のワークショップを開催すると、災害での弱者である高齢者ばかりが参加しがちですが、ここでは、子どもやお父さん、お母さんがたくさん参加しました。
このワークショップでは、避難所への避難経路や持ち物などを考える中で、自力で避難できない人がいることに気づきました。
そこで、その後地区の社会福祉協議会で、災害時の要援護者を調べ、その自宅の位置をマップ化しました。


・災害の体験学習会の開催

例年開催しているみまもり活動の担い手への感謝の昼食会と併せて開催するワークショップで、防災をテーマに、暗闇避難体験や避難食づくり、身の回りのものでつくれる”ほのぼのあかり”づくりなどの体験学習を行い、罹災時の対応について話し合いました。

このワークショップにも、子どもや保護者、高齢者が多数参加しました。



福祉活動への展開


子どもから高齢者へのクリスマスプレゼント

子どもから高齢者へのクリスマスプレゼント

近文あい運動では、子どもの見守り活動で育まれた”つながり”を活かして、福祉活動も展開し始めています。


旭川市の年間降雪量は7mにも達し、高齢者にとって冬季の除雪は大きな負担になります。そこで、単身高齢者などで、自分で除雪ができない世帯の支援をする人を募り、支援を始めています。

また、高齢者の見守り(安否確認)も行っています。町内会単位で世話人を設け、さまざまな人で見守り活動を行っています。

さらに、子ども達から、高齢単身者などに、絵手紙や手作りのクリスマスプレゼントを贈ることも恒例となっています。



近文あい運動の防犯から防災・福祉への展開の流れ

地域の絆がつくられ始めたエピソード

「近文あい運動」が始まって3年目の冬に次のような出来事がありました。
近文地区内の大型ショッピングセンターの前の幹線道路(片側2車線)で、高齢者が横断歩道の無い所を横断している途中で転倒してしまいました。すると、下校途中の近文小学校児童が、車の通行量の多いこの道路からこの高齢者を助け出しました。他人のことに無関心な人が増える中、日頃、見守ってくれている高齢者を助けたかったのだと思います。
高齢者を中心とした見守り活動は子どもの安全を確保するためだけではなく、地域の絆を着実につくり始めているのです。
この出来事がワークショップで紹介された時に、ある参加者が「子どもはやがて近文地区から出て行ってしまうかもしれないけれど、子どもを育てるなら近文地区だよねと思ってもらえるといいね」と語っていました。
子どもの安全安心活動は、地域づくりに展開しているのです。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編