組織づくり・運営

本編 03-06

既存のまちづくり組織が防犯に取り組むには   

  1. 今までの活動に防犯まちづくりの視点をとりいれてみる

(1)防犯の視点を取り入れて「防犯まちづくり」にする!

  • 今までの活動に防犯の視点を取り入れてアレンジすることで、防犯のためにもなる防犯まちづくり活動にすることができます。
  • イベントを目的にした子どもの組織や趣味のサークルなどでも実施可能です。
  • 楽しく活動ができ、さらにコミュニケーション(顔見知り)の輪が広がることが更なる防犯にもつながるため、一石二鳥です。
  • 定期的なイベントに組み入れれば、人集めや広報も楽に行え、企画の運営資金も節約できます。



実例はこちら

小学校のお祭りに防犯の視点を取り入れてみる【準備中】

地域イベントに防犯の視点を取り入れてみる【準備中】

コラム 季節ごとのイベントに相乗りして

例えば、ハロウィンをテーマにしたイベントの時に、お化けに仮装した子どもたちの訪問先を「110番の家」にお願いしている事例があります。イベントをきっかけとして子どもと「110番の家」の人が顔見知りになることで、地域の安心感が増します。

このように、既に行っている季節のイベントに「防犯」の視点を少し加えることで、子どもも大人も楽しみながら、防犯まちづくり活動を展開することができます。


実例 パンプキンツアー【準備中】

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編