組織づくり・運営

本編 03-04

防犯まちづくりの組織のはじめの一歩   

  1. 今までの取り組みを活かしつつ、新しい動きをつくることが大切。
  2. 「まずは、これをやってみる」という活動の第一歩を楽しく、戦略的に計画できるかが重要。
  3. 会議ではみんなで決めるを心がけて。

(1)地図上で活動をイメージする

  • 対象地区の中で、現在行われている活動とその場所を確認します(地図を使うと便利)。
  • 守りたい人の状況を考えます(例えば、登下校時の子どもを見守りたいときは通学路と登下校時刻を把握する)。
  • どんな場所や時間が重要になるかを、全員で確認します。活動のツボとなる場所を10箇所程度に整理するのが良いでしょう。
  • 整理したツボとなる場所と現在の活動が重なっていない場合、新しい取り組みが必要になります。


(2)はじめの一歩の活動を決める

  • はじめの一歩の活動を決めたら、時間、場所、必要人数、何をやるか、何を準備するかを具体的に洗い出します。
  • 新しい組織をつくる上では、既存の地域組織との各種調整が必要になります。いつまでに(←これが重要)、誰が、何をするのか、という詳細スケジュールを会議の中で決めましょう。
  • 会議の場で、活動を進める上での課題は何かを必ず確認しましょう。メンバー全員で課題を共有することで、課題解決に向けた協力体制をつくることが出来ます。


(3)愛着のもてる組織づくり

  • その活動に参加したい!と地域の人に思ってもらうには、組織のネーミングや、活動グッズのデザインは重要です。
  • 多様な世代に受け入れられる分かりやすさにもこだわって決めましょう。
事例 神戸市灘区の事例

防犯まちづくり協力団体を示すステッカーやのぼりのデザインにこだわりました。市職員の手作りデザインです。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編