情報の共有

Web上の個人向けサービスを活用する   

  1. もっとも手軽に利用できるWeb上のサービスはブログです。時系列でのまちの記録や活動の記録はいろいろな場面で役に立ちます。
  2. まちづくり仲間と一緒に作る活動カレンダーや、活動に使ったファイルの共有なども、Web上のサービスを使って実現できます。
  3. Web上で、意識していなくても自分や誰かのプライバシーを侵害してしまうことがあります。危険を避けるポイントをチェック。

ブログ --まち紹介ブログと活動記録ブログ

  • ブログはWeb上で手軽に書ける日記のようなものです。日付ごとに記事が保存・公開されます。
  • まちづくりにブログを生かしている事例には、ふたつの大きな流れがあります。

  • ひとつは、まちの魅力やたのしさ、課題などを書き留めるものです。近所の景色を携帯電話で撮ってアップするだけでもよいので、手軽に挑戦できます。
  • もうひとつ、まちづくり活動の記録を取るブログもおすすめです。恒例行事の手順を記録しておいたおかげで引き継ぎがスムーズになった、という例もあります。

ブログを利用するには

  • 手 のこんだWebサイトを作るには費用と技術が必要ですが、ブログなどのWebサービスであれ ば、無料・少ない手間で利用することができます。
  • PCの基本操作ができること、インターネットの接続環境が あることが必要です。
  • 情報を共有したい相手にWebサイトのアドレスやメール配信を届けるには、広報紙・広報誌・チラシでのお知らせが有効です。





カレンダー

  • ブログ以外にも、まちづくり活動と相性の良いWebサービスがあります。ここでは二つの例を挙げます。

  • ひとつはカレンダーです。いろいろな人が自分のパソコンからひとつのカレンダーに書き込み、予定を共有するイメージです。
  • 既に決まった予定を書くだけでなく、スケジュールの調整にも使えます。
  • 大手検索サイトgoogleをはじめ、さまざまなインターネット企業が無料で使えるサービスを出しています。



ファイル共有

  • もうひとつはファイル共有です。「おたより」づくりや会議の議事録など、活動にパソコンを取り入れるとたくさんのファイルが溜まります。Web上で保管して共有すると、そのとき便利なだけでなく、引き継ぎの際もスムーズです。
  • インターネット上に一定の大きさのスペースを借りて、そこにファイルを置いておくような感じです。
  • 特定の人(たとえば町内会の仲間だけ、など)しかファイルを見られないように設定できます。


プライバシー侵害防止チェック

  • ブログをはじめ、Web上のサービスを利用するときに心配なのがプライバシーの問題。自分や他人の個人情報を意識せず流出させてしまった!ということがないよう、以下のページのチェックリストなどで確認するとよいでしょう。

まちづくりにブログを生かすためのサポートが受けられる地域もあります。

市町村が提供するパソコン教室でのブログ講座、パソコンボランティアによるブログ運営サポートなどです。

お住まいの地域に該当するものがないか、探してみるとよいでしょう。

まちづくりのためのポータルサイトやSNSがある地域なら、その中で活動するという方法もあります。(詳しくは「地域ポータルサイト・地域SNSなどを活用する」にて)


まちづくり活動ブログ「そやぶろ」

市川市曽谷小学校周辺地区では、まちづくり活動の一環としてブログを運用しています。曽谷小学校周辺地区にはポータルサイトもありますが、連携しつつ別途運用するのがポイント。
まちづくりに携わる個人の気軽な情報発信というかたちをとることで、より親しみやすいメディアになりますし、頻繁な更新も可能になります。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編