防犯からまちづくりへ

防犯まちづくり・ハード面の改善の検討   

  1. 防犯まちづくりでは、活動などのソフト面と、住宅や市街地環境の整備・改善などのハード面の両面から、必要な取組みを行っていくことが大切です。
  2. ここでは、ハード面の改善についてのヒントを掲載しています。


照明・防犯機器等の設置・管理

まちを明るくすることは、路上犯罪や交通事故の防止に有効です。また、自然な視線の確保が難しい場所等では、防犯カメラ等の機器を活用し、「人の目」を補うことも考えられます。
設置の弊害に留意しつつ、効果的・効率的に機能するよう、適切な配置を検討する必要があります。

【具体策

  • 屋外照明灯の設置・管理(防犯灯、商店街路灯、道路灯、公園灯、駐車場灯等)
  • 一戸一灯運動(門灯、玄関灯、店舗や事業所の灯り等を点灯する活動)
  • 交差点等での防犯用ミラー等の設置・管理
  • 死角や「人の目」を補う防犯カメラの設置・管理
  • 緊急通報装置や回転灯等の設置・管理

参考:防犯カメラとの上手なつきあい方


道路や公園等の整備・改良

(1)暗がりと死角を改善します。周囲からの自然な見通しや適度な明るさを確保しましょう。

【具体策】

  • 見通しや灯りを遮る塀や植栽等の撤去・改良
  • 交差点等での隅切りの確保
  • トンネルや歩道橋等における見通し改良
  • 公園等における遊具・トイレ等の配置変え・撤去(※遊具やトイレ等への見通し確保も必要)


(2)車両交通からの安全確保をします。歩行者と車両交通を分離したり、通過交通を抑制することは、交通事故の予防だけでなく、車両利用の犯罪企図者が近づきにくく、かつ逃走しにくい環境をつくることができます。

【具体策】

  • ガードパイプ、車止め、植栽帯等の設置(歩車分離、路上駐車の抑止)
  • 公園等の入口付近における、車止めやゲート等の設置(車両の乗り入れ防止)
  • ハンプ(路面の凸凹)やクランク(狭さく)等の設置(通過交通の流入抑制・速度抑制)
  • 車両交通規制の導入(速度規制や一方通行・通行禁止等の規制による商店街や住宅地等の安全性の向上)


建築物の防犯改修

建築物の所有者・管理者等が自主的に防犯診断を行い、それに基づく防犯改修を進めていきます。
屋内だけでなく、屋外の駐車・駐輪場や庭、周囲の通りや公園等の防犯性にも配慮した住まいづくりを進めていくことが大切です。

【具体例】

  • 防犯診断に基づく建築物の防犯改修・建替え
  • 建築物に係る防犯設備の導入
  • 防犯性能の高い建物部品(「CP部品」)の活用
  • ブロック塀の生垣化(適切な見通し確保)※防災上も有効
  • 屋外照明の設置(夜間の見通し確保)
  • 進入の足場となる設備(室外機、ごみ置き場、物置、ガレージ等)の配置変え・撤去
  • 活動拠点となる建築物等を活用した防犯改修モデルハウスの整備


参考

ハードの改善には、周辺住民一人ひとりの意識向上や行政の介入が不可欠です。

地区計画制度を利用すると、法的拘束力をもって建物等に規制をかけることができます。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編