子どもの成長と安全

本編 01-04

子どもの成長と安全を見守るあたたかい近隣環境   

  1. 近隣との関係を高めることが防犯につながります。
  2. 家と道路の関係づけを・・・道路へ人の目が注がれるように。
  3. 自然に人が外に出るような工夫をすることも防犯まちづくりです。

人と人が顔を合わせる環境づくり

  • 近所同士、子どもたちも含めて顔見知りの関係ができる環境をつくりましょう。
  • 縁側で井戸端会議をするようなイメージの場作りなど、外に人が出る工夫をしましょう。
  • 交通量が多くない道路では、道路を使った行事をやってみましょう(警察の道路使用許可が必要)
  • 道路沿いに空き地があれば、そこを菜園や井戸端カフェにアレンジしてみましょう。
  • 子どもを名前で呼び、子どもからも名前で呼ばれる関係ができれば、それはすばらしいことです。

人が外にでる環境づくり

道路が人の歩く速度程度しか走れないように道路の構造を変えて、家の前の花壇や空き地をみんなの庭のように活用することで、常に人が外に出るような環境を築けば、それは安心して住める環境になります。

ヒントとガイド

  • はじめに
  • 子どもの成長と安全
  • 地域の問題をつかむ
  • 組織づくり・運営
  • 計画づくり
  • 防犯からまちづくりへ
  • 活動をふくらませる
  • 担い手をつなげる
  • 情報の共有
  • 取組みの評価と改善

参考にしたい

  • モデル地区
  • 先進事例

あなたはご存知? 知識編

データから知る 資料編